中学生が太ももマイナス10㎝お金をかけずに脚やせする方法

スポンサーリンク

中学生が太ももマイナス10㎝お金をかけずに脚やせする方法

中学生になると、かわいい制服になったりして、足が太いのが気になりますよね。

ちょっと短めのスカートもかっこよく切るためには、足特に太ももが細くて長くないと、かっこよく見えませんね。

もしあなたが他の女の子がありますが太くて悩んでいるのであれば、ぜひ高校生になるまでには、少なくとも太ももをマイナス10センチ位細くして、かわいく制服を着こなせるようになれるといいですね。

太もも、マイナス10センチ位細くするためには、やっぱりストレッチや運動だけじゃなくて食事制限も大事だと思います。

でも中学生は、育ち盛りです。

無理なダイエットをすると、体に負担がかかってしまいます。

なので、食事を抜いたり、無理なダイエットをせずに、上手に食事制限を取り入れて、ダイエットしてみましょう。

お金をかけずに無理のない食事制限

食事制限は、基本的にはお金をかけずにやれると思います。

ダイエット食品は、とても高いものが多いですが中学生がそんな高いダイエット食品を買うのは難しいですよね?

なので、簡単にできる食事制限を考えてみましょう。

とても大事なのは、ご飯を食べる順番です。

皆さんのように、育ち盛りの人は、バランスよく食べないといけませんよね。

それでも、太りやすい食べ方と、太りにくい食べ方があるんですよ。

まず太りにくい食べ方は水分の多いものから食べることです。

スープや、お味噌汁を早めに胃にいれましょう。

そうすると、たくさんの水分で、お腹が満腹になります。

それに暖かいものや味がちょっと濃いものを口に入れると、食欲が少しおさまって、食べ過ぎを防ぐことができます。

その次は、野菜とか、固めの果物など、繊維質のもの食べましょう。

その時のポイントは、よく噛むことです。

なので、野菜や果物であっても、よく噛まないと飲み込めないようなものを選びましょう。

例えばブロッコリーや、人参、ジャガイモなどがお勧めです。

でもジャガイモやとうもろこしは、糖分が多めなので、これらはちょっと控えめに。

ブロッコリーや茹でた人参をよく噛んで食べましょう。

にんじんはとても甘いので、満腹感や満足感も得られてお勧めです。

硬めの野菜や果物を食べた後は、お肉やお魚などを食べましょう。

チーズなどの乳製品でも良いでしょう。

どうしても唐揚げとか、天ぷらみたいなものが食べたい人は、この時だったら食べてもいいんですよ。

食べ過ぎはいけませんが、お肉やお魚、揚げ物などの脂肪分も、若い人にはとても大事です。

食べる順番を間違えなければ、お肉やお魚をここでしっかりと食べましょう。

お食事のメインですから、その時は楽しんで、ダイエットのことをよく顔まで見せずに美味しく食べましょう。

そして最後に、糖質のものを食べます。

例えば、ご飯や、パン、うどん屋、焼きそば、ラーメンなどの麺類などです。

ご飯やパン、麺類などはどうしても最初に食べたくなってしまいますよね。

特に中学生や高校生のように、部活とかで疲れて帰ってくると、どうしても甘いものや、ご飯や麺類などの炭水化物をたくさん食べたくなるものです。

しかし太ももマイナス10センチを目指しているなら、ちょっと工夫する必要がありますよ。

炭水化物を食べたいのは分かりますが、最初にがっついて食べてしまうのはやめましょう。

順番さえ間違えなければ、炭水化物だって食べてもいいのですから。

それから、おやつをたくさん食べてしまう癖がある人は、少し工夫が必要です。

おやつの時に、スナック菓子や、甘い物がどうしても食べたくなると思います。

でも頑張ってそれらをガマンしようとすると、ストレスでリバウンドしたりしますよね。

なのでおやつは食べても良いのですが、食べるものを工夫したらいいですね。

お菓子を食べるのではなくて、オススメなのが、バナナや、りんご、みかんなどの果物に置き換えることです。

あるいは、ピーナツや、アーモンド、クルミなどの、ナッツ類は、お腹にもたまるし、栄養がたくさんあるのでオススメです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする