「 2018年06月 」一覧

太ももの脂肪を〇〇して1日でマイナス10センチ目指す方法

太ももの脂肪を〇〇して1日でマイナス10センチ目指す方法

太ももをなんとか短期間で10センチ以上細くしたいと思っている人がいると思います。結論を言うと、短期間で太ももを10センチ以上細くすることができます。それは、太ももの脂肪をなるべく柔らかくすること。今あなたの太ももを触ってみてください。太ももの硬さはどうですか。少し揉んでみると、わかると思うのですが、太ももが太い人って大抵太ももがすごく固いんですよね。それは、脂肪、老廃物やいらない水分が固まって、セルライトになったものが詰まっているからです。頭が固い人ほど太もも痩せにくくなります。頭が固いままの人は、いくら食事制限をがんばっても、マッサージをしても、筋トレをしてもあまり太もも痩せる効果は無いようです。
太ももが硬いのは、決して筋肉質だからではありません。筋肉ではなく脂肪と、いらなくなった水分が固まっているからです。こういった、水分を含んだ脂肪は、なかなか痩せないんです。さらに水分を含んだ脂肪は、ボコボコに固まってセルライトの状態になっていますよね。そうなると、下半身が冷えやすくなります。下半身が冷えていると言う事は、その部分の代謝が悪く、なかなか太もも痩せにはつながらないと言うこと。なので、太ももは柔らかく、かつ代謝の良い生活や運動を心がけないと、短期間で10センチ痩せをすることって難しいと思います。
実際、食事制限運動して痩せる時って、柔らかい部分から出せませんか?例えば胸とかニノウデとか。脂肪は柔らかいところから痩せると言う傾向があるようです。なので、ダイエットをしても全然太ももが痩せないという人は、大抵太ももが固いでしょう。そしてその太ももは冷たいのではないでしょうか。本来足など大きな筋肉がある場所は暖かいのが普通です。しかし、いらない水分や、脂肪で、セルライト状態になっている足は、天候も悪く、血液が行き渡らないので、脂肪全体が冷えているのです。そしてまた代謝も悪くなって、脂肪が溜まってしまうと言う悪循環を繰り返しています。
ですから、1日で太ももを10センチ以上細くしたいとか、そういうことにチャレンジした人は、太ももが柔らかくなったらいけません。では太ももを柔らかくする方法はどのようなことでしょうか。
まず太ももを柔らかくするには、足を伸ばしストレッチをすること足の老廃物を形にすること、足の温度を上げること。有酸素運動などで、対象上げること、そしてタンパク質をしっかりとり、筋肉をつけることです。このようにポイントはいくらかあるのですが、一つ一つを別々でこころかけるよりもまとめていつもの生活に取り入れる方法がありますからそれをコツコツ続けていくといいと思います。
まずお風呂に入ったら、足を温めましょう。そのためには、半身浴が最適です。熱いお湯に体中入っていると、すぐになりますね一方、腰から下だけ、あるいは膝から下だけの半身浴があれば、ある程度長い時間お風呂の湯につかっていられます。できれば、38度位のぬるま湯のお湯に20分から30分位、太ももから下や膝から下だけ湯に浸かって、半身浴しましょう。のぼせてしまわないように、内臓や肩のあたりまでにはお湯が来ないようにしてください。
お風呂上がりには、簡単なストレッチをしましょう。ストレスでは、筋肉と、ふくらはぎから下の関節をほぐすように、じっくりと時間をかけて行いましょう。足のストレッチは、下から上へ擦り上げるようなマッサージを心がけてください。重力で下に下がってしまった水分は手の力で上に押し上げるようなイメージです。
そして日ごろの服装は、体を冷やさない服装にすることです。夏であっても、あまり肩を出さないとか、腰回りが冷えないようにインナーシャツを着るなどの工夫をしてください。冬は、皆さん防寒をがんばりますが、夏の方が、体が冷えやすいのです。夏は冷房が効いているお店やオフィスが多いですね。それなのに、夏は薄着をしてしまいます。汗をかいたらその汗が体についたままだと、体から熱を奪ってしまいます。さらに女性は、スカートを履いたりして、腰回りがとても冷えます。なので夏ほど体が冷える時期はないと考えて、夏こそ防寒を考えてみましょう。ポイントは下半身を冷やさないことです。できるだけパンツスタイルの服を着てみるとか、ちょっと恥ずかしいでき菅お腹周りにガードルをしたり腹巻みたいなものをするのもオススメです。
そして、1日10分でもいいので、ウォーキングをしましょう。有酸素運動は、太ももの脂肪を燃焼させるのにとても役立ちます。筋トレは、太もものお肉は柔らかくなってからの方が効果があります。太ももの片方部分は、決して筋肉ではなく脂肪と水分が固まったものです。だからその部分を落としてからの方が筋トレの効果がわかりやすいです。