太ももを10センチ以上細くするために絶対食べてはいけない食べ物

スポンサーリンク

太ももを短期間に、10センチ以上細くしたいときに、絶対食べてはいけない食べ物

皆さんご存知ありませんが、太ももを短期間に、10センチ以上細くしたいときに、絶対食べてはいけない食べ物がありますよ。

実際、膝から下は痩せにくいですよね。特に太ももや腰周りは、女性は痩せにくいようにできているのですから、かなり気を気をつけないと、どんどん太ります。

特に、女性が下半身が太くなるのは、食べ物が原因です。

体重が増えてしまうのも、下半身にお水がついて下半身ぶとりになってしまうのも、多くの場合食べ物が関係しています。なので食べるものを考えて痩せやすい食べ物を工夫してとっていくことによって、台数が変わり、下半身が痩せやすくなります。

今、太ももを10センチ以上痩せたいと思っているなら、痩せにくい食べ物は食べないことです。下半身ぶとりしやすく、痩せにくい食べ物や飲み物とは一体何でしょうか。

痩せにくいため絶対食べてはダメ!

1つ目は、冷たい食べ物や飲み物です。

アイスクリームや、ゼリー、プリン、などの冷たい食べ物。ジュース、ビールやワインなど、冷たい飲み物。緑茶やコーヒーなども、冷たくして飲むとおいしいですねしかし、冷たい飲み物は、下半身ぶとりには本当に良くありません。

それは何故かと言うと、冷たい食べ物や飲み物って、体を冷やしますよね。

体が冷えると、基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちると、脂肪の燃焼が悪くなり老廃物や水分を体に溜め込みやすくなります。そうすると、重力の問題もあり、体の下の方、つまり下半身に老廃物や水分が溜まりやすくなるのです。

逆に体が温まれば代謝が良くなるので、血行も良くなります。結構が良くなると、体中の血の巡りが良くなり、下半身の水分や、老廃物が体中をめぐり、尿として排出されやすくなります。

そうすると、下半身ぶとりが解消されていくわけです。ですから、なるべく体を冷やさないようにして、血行良くしていないといけないことになります。

体を冷やさない方法で1番手っ取り早いのが、冷たいものを飲んだり食べたりしないことです。

コーヒーや紅茶は、結構良くするために悪くありませんが、冷たくして飲んでしまうと、一気に体を冷やします。利尿作用もあるので、むくみには効果的ではありますが、一方体の熱量を糧として奪ってしまいます。

ですから、コーヒーや紅茶、緑茶を飲むときは温めて飲んでください。

それから下半身ぶとりに悩んでいて解消したいのなら、アイスやゼリー、ヨーグルトなど、冷たいおやつは少しお預けですね。代わりに、温かいスープや、ぜんざいみたいな暖かいものに変えてみましょう。

焼き芋とか、煮たかぼちゃなど、暖かくて甘い食べ物も結構ありますよね。そういったもので代用するようにしてみてください。

さらに、太ももが太い人が、絶対食べていけない食べ物は、塩分の多い食べ物です。

特に、菓子パンや、カップラーメンなど簡単に食べられる市販の食べ物は特に良くありません。カップラーメンはとにかく塩分が多いです。

あるいは、スナック菓子や菓子パンにも塩分が多く含まれています。

さらに菓子パンやケーキなど糖分の多い食べ物はその甘さを中和するために、糖分と同じ量の塩分が入っているのです。

ですから、塩辛いもの以上に、甘い食べ物は当分小エビ塩分が大量に含まれていると思ってください。塩分の多い食べ物がなぜいけないかと言うと、むくみの原因になるからです。

塩分は、体の中に入るとそれそのものが水分を溜め込む役割として働きます。

さらに塩分が脂肪の中に入っていると、脂肪が塩分を中和するために体中の水分を取り込み、それがむくみの原因になっているのです。

ですから塩辛いもの、特にコンビニに売っているような、手軽に食べられるものはやめて、なるべく自然なものを自分で調理して食べるように工夫してみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする