1日たった数分で太ももを10㎝以上細くすることはできる?

スポンサーリンク

1日たった数分で太ももを10㎝以上細くすることはできる?

1日とか、2 3分で、足がきれいになったり、細くなったりするなんて嘘だと思いますよね?

もしそんな方法があれば、試してみたいと思いませんか?

1日ですぐに足が細くなる方法、特に太ももがマイナス10センチ位細くなる方法も、もしかしてあるかもしれませんよ。

実は、短期間で、太ももがマイナス29センチとか、マイナス10センチとかそのぐらい細くなる人も実際にいるんですよ。

短期間で太ももを細くするコツ

その方法は、まず、体の水分、特に下半身に溜まったむくみを取る方法です。

むくみが1番早く解消されやすいし、水分が体から出て行けば、足とか太ももが細くなります。

むくみとは、体の水分のことです。体に必要のない水分が無駄にたまっていることを娘といいます。

なぜ体に必要のない水分がたまるかと言うとリンパの流れというのがスムーズに行っていないからです。

リンパが流れないのは、老廃物が体に溜まっているからです。

そういった体にたまっている無駄な水分や老廃物を体からとっていけば、とても短期間で足はほっそりするんです。

太ももを細くするためには水分を流すこと。リンパの流れをを良くするために必要な事は何でしょうか?

その方法は、マッサージです。

体に溜まった水分は、何もしなければそこにとどまったままですが効率的にマッサージをすれば、スムーズに水分が流れ始めていきます。

ただこのマッサージ行って結構難しいんです。

効果のあるマッサージは、重点的に、必要な場所を上手にマッサージすることです。

それはつまり、溜まった水分が流れるリンパ、このリンパに効くように意識して、マッサージすることが大事です。

それが、短期間で太ももを細くするコツです。

それでは、短期間で太ももを10センチ位細くするため、どこをどのようにマッサージしたら良いのでしょうか。

普通に考えたら、太ももを細くしたいんですから、太ももを重点的にマッサージしようと思いますよね。

でも、実は、短期間に足を細くするためにマッサージするべきポイントは、ふくらはぎなんです。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われているくらい、とても重要なポイントなんですよ。

下半身にたくさんたまっている成分や、老廃物を、まるで心臓のように体中に循環させるためには、重点的にマッサージする必要があります。

ふくらはぎは、1番、体の血行良くするために良い場所なのです。

ふくらはぎを揉むようにマッサージをすると、体の血の巡りが良くとても良くなります。

血液の巡りが良くなると、下半身の水分や、老廃物などが体をめぐり、尿になって外へ出るようになるのです。

こうすることで、体の体温が上がったり、新陳代謝が良くなったりします。足を細くするだけではなくて、体が健康になるのです。

効果的なふくらはぎのマッサージは、とても簡単です。

まず、どこでもいいので、床の上とかに座って、体操ずわりみたいに膝を立てて座ってみてください。

そしてかかとの上のあたりに少し柔らかく手を置いてください。

そこを押してしっかりぎゅっと押してみましょう。

そして押しながら足の裏側からふくらはぎの方が上上と若干強めに押し上げてみてください。ちょっと痛いなと思う位がちょうどいいですよ。

これは、10回から20回位、なんとなく足がポカポカしてくるまで続けましょう。

それから、ふくらはぎのあたりに手を置いて、1番盛り上がってるところを、こね回すようにマッサージしましょう。

これも、少し痛いかなと思う位がちょうどいいですよ。

ふくらはぎがとても痛いと言う人は、老廃物や、いらないものがその辺に溜まっていると言うことです。意識的に解して、老廃物を外に出さなければいけませんね。

さらに、ふくらはぎをもっとたくさんマッサージしましょう。

まず、足首の内側に少しくぼんだところがあると思います。

そのちょっと上のところに、両方の手の親指を当てましょうそしてそこから、膝のあたりまで、強めに押していってください。両方の親指を重ねてみましょう。

そうすると力が2倍になりますね。

そのぐらい強い感じで、ぎゅっとふくらはぎまで干していくのです。ポイントは、下から上と押し上げていくことです。

決して上から下へ押しされていてはいけませんよ。

血液を、下半身から上上げていかなければいけないんですから、下半身のマッサージは、下から上と流すのがコツです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする