「 太ももを細くするマッサージ 」一覧

1日たった数分で太ももを10㎝以上細くすることはできる?

1日たった数分で太ももを10㎝以上細くすることはできる?

1日とか、2 3分で、足がきれいになったり、細くなったりするなんて嘘だと思いますよね?

もしそんな方法があれば、試してみたいと思いませんか?

1日ですぐに足が細くなる方法、特に太ももがマイナス10センチ位細くなる方法も、もしかしてあるかもしれませんよ。

実は、短期間で、太ももがマイナス29センチとか、マイナス10センチとかそのぐらい細くなる人も実際にいるんですよ。

短期間で太ももを細くするコツ

その方法は、まず、体の水分、特に下半身に溜まったむくみを取る方法です。

むくみが1番早く解消されやすいし、水分が体から出て行けば、足とか太ももが細くなります。

むくみとは、体の水分のことです。体に必要のない水分が無駄にたまっていることを娘といいます。

なぜ体に必要のない水分がたまるかと言うとリンパの流れというのがスムーズに行っていないからです。

リンパが流れないのは、老廃物が体に溜まっているからです。

そういった体にたまっている無駄な水分や老廃物を体からとっていけば、とても短期間で足はほっそりするんです。

太ももを細くするためには水分を流すこと。リンパの流れをを良くするために必要な事は何でしょうか?

その方法は、マッサージです。

体に溜まった水分は、何もしなければそこにとどまったままですが効率的にマッサージをすれば、スムーズに水分が流れ始めていきます。

ただこのマッサージ行って結構難しいんです。

効果のあるマッサージは、重点的に、必要な場所を上手にマッサージすることです。

それはつまり、溜まった水分が流れるリンパ、このリンパに効くように意識して、マッサージすることが大事です。

それが、短期間で太ももを細くするコツです。

それでは、短期間で太ももを10センチ位細くするため、どこをどのようにマッサージしたら良いのでしょうか。

普通に考えたら、太ももを細くしたいんですから、太ももを重点的にマッサージしようと思いますよね。

でも、実は、短期間に足を細くするためにマッサージするべきポイントは、ふくらはぎなんです。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われているくらい、とても重要なポイントなんですよ。

下半身にたくさんたまっている成分や、老廃物を、まるで心臓のように体中に循環させるためには、重点的にマッサージする必要があります。

ふくらはぎは、1番、体の血行良くするために良い場所なのです。

ふくらはぎを揉むようにマッサージをすると、体の血の巡りが良くとても良くなります。

血液の巡りが良くなると、下半身の水分や、老廃物などが体をめぐり、尿になって外へ出るようになるのです。

こうすることで、体の体温が上がったり、新陳代謝が良くなったりします。足を細くするだけではなくて、体が健康になるのです。

効果的なふくらはぎのマッサージは、とても簡単です。

まず、どこでもいいので、床の上とかに座って、体操ずわりみたいに膝を立てて座ってみてください。

そしてかかとの上のあたりに少し柔らかく手を置いてください。

そこを押してしっかりぎゅっと押してみましょう。

そして押しながら足の裏側からふくらはぎの方が上上と若干強めに押し上げてみてください。ちょっと痛いなと思う位がちょうどいいですよ。

これは、10回から20回位、なんとなく足がポカポカしてくるまで続けましょう。

それから、ふくらはぎのあたりに手を置いて、1番盛り上がってるところを、こね回すようにマッサージしましょう。

これも、少し痛いかなと思う位がちょうどいいですよ。

ふくらはぎがとても痛いと言う人は、老廃物や、いらないものがその辺に溜まっていると言うことです。意識的に解して、老廃物を外に出さなければいけませんね。

さらに、ふくらはぎをもっとたくさんマッサージしましょう。

まず、足首の内側に少しくぼんだところがあると思います。

そのちょっと上のところに、両方の手の親指を当てましょうそしてそこから、膝のあたりまで、強めに押していってください。両方の親指を重ねてみましょう。

そうすると力が2倍になりますね。

そのぐらい強い感じで、ぎゅっとふくらはぎまで干していくのです。ポイントは、下から上と押し上げていくことです。

決して上から下へ押しされていてはいけませんよ。

血液を、下半身から上上げていかなければいけないんですから、下半身のマッサージは、下から上と流すのがコツです。


明日までに太もも−10㎝痩せたい場合は〇〇をしよう

明日までに太もも−10㎝痩せたい場合は〇〇をしよう

明日、デートがあるとか、明日ミニスカートを履きたいとおもった時に、足が太い悩みがあると困りますよね。

パツパツの太ももを誰にも見られたくない、明日の予定をキャンセルしようかと思う前に1日で太ももが激痩せする体操を試してみてください。

それはとても簡単だし、おうちでできる体操です。しかも、それほど長時間やる必要もありませんから、忙しい人にもオススメです。

それは、両足をブルブル震えさせると言う超簡単な運動です。

太もも−10㎝痩せ体操

まずベットや、床に寝転がってください。

天井を向いてください。そして全身の力を抜いてみてください。そしてゆっくりと深呼吸をしましょう。

そして床から足をゆっくりあげ床から垂直になるように、両足を天井に向けて突き上げるようにしてください。

そしてそのまま、両足をブルブルと震えさせてください。

とても疲れると思いますが、頑張ってください。1分ぐらい両足をぐるぐるぐると揺らしてみてください。

この運動を、1分間× 3回ぐらい行いましょう。

そうすると、足の周りがとても暖かくなってくるのがわかると思います。しかも、お腹の周りや腰周りも続けていくうちにだんだんほっそりしてきますよ私はこれをやってよかったのは、足がすっきりしたのと、便秘が解消されたことです。一石二鳥ですね。

なぜこの運動が太もも痩せに効くのかと言うと、足にたくさんたまっている、余分な水分が下に降りてくるからだと思います。

そもそも、短時間で太ももを激安させるには筋肉を落としたり、皮下脂肪を落としたりすることは難しいですから、短期間ダイエットには向いていませんね。

筋肉や脂肪は、最低でも3ヶ月ぐらいは運動したり食事制限をしないと、簡単には落ちないのです。

しかし、太ももが太い理由は、筋肉や脂肪だけでは無いのです。

実際のところ、太ももが太い人の多くは、生物皮下脂肪に、いらない水分や老廃物が溜まって、カチカチに固まった、セルライトと言うものがたくさんあるはずです。

これらのセルライトには水分をたくさん蓄えられてますね。なのでこれらのセルライトに入っている成分が体から抜ければ短時間でも足を細くすることができるんです。

しかし下半身は重力の関係で、なかなか水分を体の上の方まであげられないために、水が溜まりやすいのです。

なので、定期的に、足を上に持ち上げて、足の中に入っている余計な水分を下に下げると言う運動が必要なのです。

足を上に持ち上げれば重力が働いて、足にある水分が内臓のほうに降りてきます。全身に水分が下りてきて、身体中をめぐり、水分が尿として外に排出されます。

この方法にプラスして、私がやったのは次のようなことです。

(これを併用することによって、もうちょっと楽に、朝もマイナス10センチ痩せさせることに成功したんですよ。)

それは、足首回しです。足首をぐるぐる回すだけと言うカンタンな方法ですが効果がすごくありました。

まず、椅子やソファーに座ります。そして自然に足を伸ばしてください。

そして足のかかとを床につけます。そして床につけたままかかとを軸にして、つま先をぐるぐるともうしましょう。ゆっくりで結構です。つま先をぐるぐる回していくそして、外回り、内回りと言うふうに両方10回ぐらい回しましょう。

椅子に座ってやると、結構腹筋も鍛えられて一石二鳥ですよ。

そうすると、足首からふくらはぎの辺りがポカポカしてきます。これは足首からふくらはぎの水分が上に上がってきて結構が良くなってる証拠だと思います。

こうすることによって太ももだけじゃなくて足全体の血行が良くなり、代謝が上がってきます。そして足全体のむくみが取れれば、並行して、太もも細くなると言うことです。

とても簡単だと思いませんか?これはお風呂上がりだと特に効果があります。

なので私は、次の日にミニスカートを履きたい日、デートがある日などは、お風呂上がりにこの方法をやります。

どうしても明日中に、太ももを10センチ以上細くなりたい!と言う場合は、これをお風呂上がりにじっくり時間をかけてやるといいと思います。

もちろんマイナス10センチ痩せられるかどうかは断言できません。しかし、下半身を短期間に家続けるためには、やっぱり水分を抜いて、むくみを解消するのが1番手っ取り早いみたいです。

私は実際、履けなかったパンツが次の日はけたりするので今でもしょっちゅうやっていますよ。


筋トレなしで、太ももをー10㎝、1日で激やせさせる方法

筋トレなしで、太ももをー10㎝、1日で激やせさせる方法ってあるの?

基本的には、太ももを細くさせるためには、筋力トレーニングが不可欠だと思います。

長期的に見れば、筋力トレーニングしてほっそりしたものを手に入れる必要があると思います。

しかし、明日イベントがあるとか、大至急太もも痩せさせたいときは、時間をかけて筋力トレーニングしてる暇ありませんよね。

なので、そういう場合には、ちょっとした美脚になる体操をして、大至急の足を日を達成させることも有効だと思います。

私の友達がやっててすごく効果があったのは、脚やせスクワットです。

簡単脚痩せの方法とは?

脚やせスクワットは、お風呂の後に簡単にできる体操です。

そのやり方ですが、まず足を肩幅より広めに開いてください。

そしてつま先は外に向けましょう。胸を大きく張って、両手は肩のところでところであわせてください。そしてこの状態のまま、つま先を少し上げていきます。

要するにつま先立ちになるわけです。ちょっと体が不安定になり、体がブルブル震えると思いますが、頑張ってください。

そしてこのままバランスをとり、ゆっくりとお尻を下に下げていきます。体が柔らかい方は、床と平行になる位まで頑張ってお尻を下ろしましょう。

お尻をおろし切って限界まで来たら、そこで5秒間位そのままの状態でキープしてみてください。

無理だったら、ゆっくりと尻を上げて、元の状態に戻っていってくださいそしてあげていたかかとをゆっくりと床に下ろしましょう。このスクワットをできればお風呂上がりに、5回から10回位行います。

お風呂上がりにやると結構汗かくのでお風呂入る前にやるのもいいかもしれません。

さらにもっともっと脚やせをしたい人はもう一つのエクササイズを追加してやってみましょう。

それは、膝と太ももの脂肪を燃焼させるエクササイズです。これもおうちの中で気軽にできるので、次の日にどうしてもかっこいい服を着たいときには、私も積極的にやっています。

まず、布団などの柔らかいところに仰向けに寝転がってみましょう。

そして手を横に広げ、体を安定させます。次に、膝を曲げて腰のところから、足を持ち上げてください。寝転んだまま、まるで自電車に乗っているように、足をペダルに乗せるようなイメージで、流していきましょう。

足をぐるぐる回しゆっくり変えてさせるのです。これができれば10回位ぐるぐる回転させてください。空中の一輪車に乗っているようなイメージをしながらやると楽しいですよ。

そして、反対回りに10回位、またぐるぐる回転させます。たくさんあればたくさん脂肪が燃焼されます。特に、膝の上に溜まったお肉や、太もものブヨついたお肉が、結構短期間に燃焼されていきます。

ただ、次の日に足を細くしたい場合は、やり過ぎには注意しましょう。あまり疲れる位になりすぎると逆に筋肉痛みたいになったり、足に水が溜まったりして、太くなることがあるからです。なので、10回× 2セット位がちょうどいい目安ではないでしょうか。

太ももを痩せさせるためには、長期的には筋トレが必要だと思うのですが、短期間で成果を出すには向いていませんよね。さらに、筋トレは重要ですが、やりすぎると逆に太ももが張り出したり、女性らしくない形になったりします。

ですから、女性であれば、太ももの筋トレは、軽いスクワットぐらいにしておいたほうがいいと思います。もちろんアスリート体型になりたい人は、スポーツジムの筋トレをやるのもいいかもしれませんが。

明日までにどうしても太もも痩せさせたい場合、これらのエクササイズをした後に、ちょっとしたストレッチをすることで、もっと効果が出てきますよ。

超簡単なストレッチはこんな感じです。

まず右の膝を曲げて、その膝を床につけるまであげてください。そして膝が約90度になったらもう左の足を立てます。両手は左のほうに置いておきます。

そしてこの状態になったら左の頬の膝を、90度位曲げます。曲げながら前方に上半身を倒しましょう。

このとき、膝をついている足の太ももの部分、特に前川を、伸ばしていきます。続いて、左の頬の膝を伸ばします。流しながら、お尻を後ろのほうに引っ張るようなイメージで動いていってください。この時左足のつま先は天井に向けて上げていきます。

そして前かがみになり、左の太ももの後ろの方と同じく左のふくらはぎをしっかり伸ばします。このストレッチを、できれば5回から10回くらい行ってください。


太ももを10センチ以上細くするために絶対食べてはいけない食べ物

太ももを短期間に、10センチ以上細くしたいときに、絶対食べてはいけない食べ物

皆さんご存知ありませんが、太ももを短期間に、10センチ以上細くしたいときに、絶対食べてはいけない食べ物がありますよ。

実際、膝から下は痩せにくいですよね。特に太ももや腰周りは、女性は痩せにくいようにできているのですから、かなり気を気をつけないと、どんどん太ります。

特に、女性が下半身が太くなるのは、食べ物が原因です。

体重が増えてしまうのも、下半身にお水がついて下半身ぶとりになってしまうのも、多くの場合食べ物が関係しています。なので食べるものを考えて痩せやすい食べ物を工夫してとっていくことによって、台数が変わり、下半身が痩せやすくなります。

今、太ももを10センチ以上痩せたいと思っているなら、痩せにくい食べ物は食べないことです。下半身ぶとりしやすく、痩せにくい食べ物や飲み物とは一体何でしょうか。

痩せにくいため絶対食べてはダメ!

1つ目は、冷たい食べ物や飲み物です。

アイスクリームや、ゼリー、プリン、などの冷たい食べ物。ジュース、ビールやワインなど、冷たい飲み物。緑茶やコーヒーなども、冷たくして飲むとおいしいですねしかし、冷たい飲み物は、下半身ぶとりには本当に良くありません。

それは何故かと言うと、冷たい食べ物や飲み物って、体を冷やしますよね。

体が冷えると、基礎代謝が落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちると、脂肪の燃焼が悪くなり老廃物や水分を体に溜め込みやすくなります。そうすると、重力の問題もあり、体の下の方、つまり下半身に老廃物や水分が溜まりやすくなるのです。

逆に体が温まれば代謝が良くなるので、血行も良くなります。結構が良くなると、体中の血の巡りが良くなり、下半身の水分や、老廃物が体中をめぐり、尿として排出されやすくなります。

そうすると、下半身ぶとりが解消されていくわけです。ですから、なるべく体を冷やさないようにして、血行良くしていないといけないことになります。

体を冷やさない方法で1番手っ取り早いのが、冷たいものを飲んだり食べたりしないことです。

コーヒーや紅茶は、結構良くするために悪くありませんが、冷たくして飲んでしまうと、一気に体を冷やします。利尿作用もあるので、むくみには効果的ではありますが、一方体の熱量を糧として奪ってしまいます。

ですから、コーヒーや紅茶、緑茶を飲むときは温めて飲んでください。

それから下半身ぶとりに悩んでいて解消したいのなら、アイスやゼリー、ヨーグルトなど、冷たいおやつは少しお預けですね。代わりに、温かいスープや、ぜんざいみたいな暖かいものに変えてみましょう。

焼き芋とか、煮たかぼちゃなど、暖かくて甘い食べ物も結構ありますよね。そういったもので代用するようにしてみてください。

さらに、太ももが太い人が、絶対食べていけない食べ物は、塩分の多い食べ物です。

特に、菓子パンや、カップラーメンなど簡単に食べられる市販の食べ物は特に良くありません。カップラーメンはとにかく塩分が多いです。

あるいは、スナック菓子や菓子パンにも塩分が多く含まれています。

さらに菓子パンやケーキなど糖分の多い食べ物はその甘さを中和するために、糖分と同じ量の塩分が入っているのです。

ですから、塩辛いもの以上に、甘い食べ物は当分小エビ塩分が大量に含まれていると思ってください。塩分の多い食べ物がなぜいけないかと言うと、むくみの原因になるからです。

塩分は、体の中に入るとそれそのものが水分を溜め込む役割として働きます。

さらに塩分が脂肪の中に入っていると、脂肪が塩分を中和するために体中の水分を取り込み、それがむくみの原因になっているのです。

ですから塩辛いもの、特にコンビニに売っているような、手軽に食べられるものはやめて、なるべく自然なものを自分で調理して食べるように工夫してみましょう。


1日で太ももを10センチ細くするには〇〇を食べると良い?

1日で太ももを10センチ細くするには〇〇を食べると良い?

私は結構短期間で、太ももを10センチ以上細くしたことがあります。具体的には……13センチくらい細くなりました。

そのときの体験談です。

といっても、最初からうまくいったわけじゃなくて、最初はすごく苦しいダイエットしたのに、全然太もも痩せなくて、すごく苦労しました。

で、この方法じゃだめだとわかって、違う方法を試してみたんです。

それは、スポーツジムのトレーナーさんに教えてもらった方法で、結構効果がありました。

まずは、失敗談から。

高校生位の時だったんですけど、ダイエットをして、5キロぐらい痩せたことがあります。

でもその時は、痩せたのにもかからかかわらず、全然太ももが痩せませんでした。

頬がこけて、首がしわしわになり、痩せてしまい、会う人ごとに

「なんか疲れてるの?」

「痩せたけど、なんだか歳をとったように見えるよ」

みたいなこと言われて、とてもショックでした。

その時のダイエット方法は、みんながやってるカロリー計算法です。

要するに、カロリーの低いものばかり食べると言う方法です。

キノコや、こんにゃく、きゅうりや、キャベツ。

それから寒天とか、わかめみたいなものたくさん食べました。

それですごい短期間で結構痩せました。

便秘も解消したし、私としては満足だったんですけど、太もものサイズは2センチくらいしか細くはなりませんでした。

むしろ太ももは、ボコボコして、冷たくなり、だんだん硬くなったような感じです。体力も押してしまったので、太もも、ふくらはぎの筋肉が落ちて、形が悪くなってしまいました。

そしてダイエットをやめたらすぐにリバウンドしました。

リバウンドしたら、なんと太ももは逆に太くなってしまったのです。

今までは履けていたスキニーパンツが履けなくなって、見るからにボコボコのセルライトが。

それでこれじゃダメだと思って、スポーツクラブに入りました。

スポーツクラブでは筋力トレーニングをやったり、エアロバイクをこいだりして、運動して痩せる方法に切り替えたんです。

ですがこれでもあまり効果はありませんでした。

リバウンドした体重は元に戻って全身なんとなく痩せましたけど、太ももやふくらはぎだけは固くて冷たくて太いままなんです。

それでスポーツトレーナーさんに相談したら、食事が良くないと言われました。

タンパク質をバランスよく食べる食生活へ変更

それで今まで食べてきたもの、例えばカロリーの低い野菜やキノコ、海藻などを中心に食べていると言うことを話したら

「その食事方法では、太もも絶対痩せないよ」

と言われました。

そして、「タンパク質をもっとたくさんとらないとだめだよ」と言われました。

そういえば、その時私が通っていたタンパク質と言えば、豆腐、とかたまに食べる卵くらいでした。

今思えばとても不健康な食生活をしていました。

そんな状態だと、筋肉の量がだんだん減って、基礎代謝が落ちてしまう。

基礎代謝が落ちてしまうとどんどん痩せにくくなるよと言われました。

さらに、肌荒れをしたり、髪の毛が薄くなったりツヤがなくなったりして、だんだん体力も低下し、ダイエットには悪循環だと言うことで、これからはカロリー計算よりもタンパク質をしっかりとって、健康的な食生活見直しながらダイエットすることに決めました

それでトレーナーさんに聞きながら、私が今ちょっと足りていないタンパク質がどんなものなのかを調べて積極的に取るようにしました。

牛肉や豚肉がダイエットに良くないからといって今まで全然食べていませんでしたが、食べるようにしました。

それからお魚類。

魚は生臭いしあまり好きじゃないんですが頑張って食べました。

イカとか、タコとか、ボイルしたものを食べたりもしました。

それから卵。卵料理は大好きなのでなるべくカロリーが高くない調理方法工夫して食べました。

そして手軽にとれるタンパク質として、豆腐や、ヨーグルト。

こういったものをおやつに取り入れたりして工夫しました。

調べてみると意外に、これらのタンパク質はコンビニとかにも普通に売ってて、手軽に美味しく食べられるんですね。

それでダイエットのストレスなくなって、とてもスムーズに行きました。

引き続きトレーニングジムに行っていたので、タンパク質をとりながら、エアロバイクをがんばりました。

すると、気がついたら、太ももが13センチ位細くなっていました。

とてもうれしかったです。

今でも、太もものサイズはキープしています。しっかりタンパク質をとって、運動して痩せた太ももは、簡単には太くなりません。

今は好きなものをある程度ガマンせずに食べることができています。


太ももの脂肪を〇〇して1日でマイナス10センチ目指す方法

太ももの脂肪を〇〇して1日でマイナス10センチ目指す方法

太ももをなんとか短期間で10センチ以上細くしたいと思っている人がいると思います。結論を言うと、短期間で太ももを10センチ以上細くすることができます。それは、太ももの脂肪をなるべく柔らかくすること。今あなたの太ももを触ってみてください。太ももの硬さはどうですか。少し揉んでみると、わかると思うのですが、太ももが太い人って大抵太ももがすごく固いんですよね。それは、脂肪、老廃物やいらない水分が固まって、セルライトになったものが詰まっているからです。頭が固い人ほど太もも痩せにくくなります。頭が固いままの人は、いくら食事制限をがんばっても、マッサージをしても、筋トレをしてもあまり太もも痩せる効果は無いようです。
太ももが硬いのは、決して筋肉質だからではありません。筋肉ではなく脂肪と、いらなくなった水分が固まっているからです。こういった、水分を含んだ脂肪は、なかなか痩せないんです。さらに水分を含んだ脂肪は、ボコボコに固まってセルライトの状態になっていますよね。そうなると、下半身が冷えやすくなります。下半身が冷えていると言う事は、その部分の代謝が悪く、なかなか太もも痩せにはつながらないと言うこと。なので、太ももは柔らかく、かつ代謝の良い生活や運動を心がけないと、短期間で10センチ痩せをすることって難しいと思います。
実際、食事制限運動して痩せる時って、柔らかい部分から出せませんか?例えば胸とかニノウデとか。脂肪は柔らかいところから痩せると言う傾向があるようです。なので、ダイエットをしても全然太ももが痩せないという人は、大抵太ももが固いでしょう。そしてその太ももは冷たいのではないでしょうか。本来足など大きな筋肉がある場所は暖かいのが普通です。しかし、いらない水分や、脂肪で、セルライト状態になっている足は、天候も悪く、血液が行き渡らないので、脂肪全体が冷えているのです。そしてまた代謝も悪くなって、脂肪が溜まってしまうと言う悪循環を繰り返しています。
ですから、1日で太ももを10センチ以上細くしたいとか、そういうことにチャレンジした人は、太ももが柔らかくなったらいけません。では太ももを柔らかくする方法はどのようなことでしょうか。
まず太ももを柔らかくするには、足を伸ばしストレッチをすること足の老廃物を形にすること、足の温度を上げること。有酸素運動などで、対象上げること、そしてタンパク質をしっかりとり、筋肉をつけることです。このようにポイントはいくらかあるのですが、一つ一つを別々でこころかけるよりもまとめていつもの生活に取り入れる方法がありますからそれをコツコツ続けていくといいと思います。
まずお風呂に入ったら、足を温めましょう。そのためには、半身浴が最適です。熱いお湯に体中入っていると、すぐになりますね一方、腰から下だけ、あるいは膝から下だけの半身浴があれば、ある程度長い時間お風呂の湯につかっていられます。できれば、38度位のぬるま湯のお湯に20分から30分位、太ももから下や膝から下だけ湯に浸かって、半身浴しましょう。のぼせてしまわないように、内臓や肩のあたりまでにはお湯が来ないようにしてください。
お風呂上がりには、簡単なストレッチをしましょう。ストレスでは、筋肉と、ふくらはぎから下の関節をほぐすように、じっくりと時間をかけて行いましょう。足のストレッチは、下から上へ擦り上げるようなマッサージを心がけてください。重力で下に下がってしまった水分は手の力で上に押し上げるようなイメージです。
そして日ごろの服装は、体を冷やさない服装にすることです。夏であっても、あまり肩を出さないとか、腰回りが冷えないようにインナーシャツを着るなどの工夫をしてください。冬は、皆さん防寒をがんばりますが、夏の方が、体が冷えやすいのです。夏は冷房が効いているお店やオフィスが多いですね。それなのに、夏は薄着をしてしまいます。汗をかいたらその汗が体についたままだと、体から熱を奪ってしまいます。さらに女性は、スカートを履いたりして、腰回りがとても冷えます。なので夏ほど体が冷える時期はないと考えて、夏こそ防寒を考えてみましょう。ポイントは下半身を冷やさないことです。できるだけパンツスタイルの服を着てみるとか、ちょっと恥ずかしいでき菅お腹周りにガードルをしたり腹巻みたいなものをするのもオススメです。
そして、1日10分でもいいので、ウォーキングをしましょう。有酸素運動は、太ももの脂肪を燃焼させるのにとても役立ちます。筋トレは、太もものお肉は柔らかくなってからの方が効果があります。太ももの片方部分は、決して筋肉ではなく脂肪と水分が固まったものです。だからその部分を落としてからの方が筋トレの効果がわかりやすいです。


〇〇を解消すると、太ももが10センチ細くなる

〇〇を解消すると、太ももが10センチ細くなる

1日とか1週間以内に、太ももを劇的に細くするためには、筋トレとか、食事制限とは違った、別のアプローチをする必要がありますよね。

太ももマイナス10センチ位細くするには、〇〇を解消しないといけません。その〇〇とは、便秘です。

女性は、便秘になりやすいと言われています。

そして便秘な人ほど、腰回りや、お腹お尻や太ももが太いですよ。

やはりそれは便秘であると、体に無駄な水分が溜まりやすいからですさらに老廃物や毒素が、体にたまることによってそれに関連した水分たまりやすくなります。

さらに新陳代謝も悪くなり、太りやすくなりますよね。

そして必要な栄養素は便秘のために体に吸収されない。そのために、また水分が溜まりやすくなったり、脂肪が燃焼されにくくなったりして、悪循環なのです。

ですから太ももを10cm以上細くしたい人は、なによりもまず便秘を解消することを意識しましょう。

体に溜まっているものを全て出してすっかりきれいにしてしまいましょうね。

そうすると、体のむくみも解消されるし、腰回りや太ももも劇的に遅くなりますよ。

ちなみに便秘を解消すると驚くほど体重も減る人もいますよ。

3キロとか5キロとか一気に痩せる人も珍しくありません。

便秘を解消して劇的な太もも痩せを実現!

便秘を解消するには、いろんな方法があります。

もちろん便秘薬を飲むと言うのも1つの手ではありますが、便秘薬は、癖になりやすいし、やはり薬なので副作用も心配ですよね。

そのため便秘の解消には、便秘を解消しやすい食べ物を積極的に取ることをおすすめします。

便秘を解消するためにお勧めの食べ物はいろいろありますから、この中からあなたが好きなものや、手軽に食べられるものを選んで、積極的に食べていくようにしましょう。

便秘に良い食べ物は

水溶性食物繊維

水溶性食物繊維とは水に溶けるタイプの食べ物です。水に溶けるタイプの食べ物は、便を柔らかくしてくれるので、便秘解消に役立つんです。

水溶性食物繊維は、こんぶやわかめ、ひじきなどの海藻類が挙げられます。さらに、バナナとか、りんごなど、フルーツにも多く含まれています。

最近では、キウイが便秘によく効くと言って話題になりましたよね。

キウイは手軽に食べられるし、とてもおいしいのでお勧めです。

さらにビタミンCも同時に取れるから、美容にも良く、しかもお値段もそれほど高くありませんからおやつにはぴったりだと思います。

不溶性食物繊維

不溶性食物繊維とは水分を取り込んで、膨らむタイプの食べ物です。

お腹の中で膨らむので、大腸を刺激し、スムーズに便となって出てきます。

ごぼうとかにんじんレンコンなどの根菜類が当てはまります。サツマイモやジャガイモなどの芋類も不溶性食物繊維です。

乳酸菌

乳酸菌は、大丈夫中の大腸の中の環境を良くします。

大腸の環境が良くなれば、便の排出がスムーズになります。チーズやキムチ、ヨーグルト、納豆などによく含まれています。

短期間に効果を出すためには?

便秘を解消するためには、食べ物だけではなく、便秘解消のための運動も取り入れるともっと簡単に、短期間に効果が出ます。

便秘になりやすい人は、腹筋が弱い傾向があります。

なので、日ごろから少し腹筋を鍛えておくと、便秘が解消されていきます。

簡単に、大体1分ぐらいで、手軽にできるエクササイズがあります。

それは、まず、朝晩ベッドの上で仰向けになりましょう。

そして、両手を頭の後ろで組みましょう。さらに息を吐いて、少しずつつま先を見るように、頭を起こします。

そしてつま先を見ながら3秒から5秒位キープしましょう。

お腹に力がかかって少し痛い位になったら頭を少し頭下げて元に戻します。大体10から20回位を目安に、毎朝行いましょう。大体20回行って、1分から2分位です。

またお腹のマッサージも便秘解消にはとても良いです。

お腹のマッサージは、まず体の左側を上にしてベッドの上なのに横になってください。

そしてお腹の周りを、時計回りに円を描くように、ゆっくりとマッサージしていきます。あまり強くやる必要はありません。優しくくるくると行います。

便秘ひどい人はお腹を温めてください。あるいは腰などに、体の温まるカイロやっていたん分後を引いて、そしてお腹のマッサージをしましょう。

これで、腰回りやお腹の血行が良くなり、便秘にもとても効果がありますよ。

意外かもしれませんが、短期間で太ももを10センチ以上細くするためには、まず便秘を解消することが大事です。

便秘は下半身ぶとりの大敵です。日ごろから食事や運動に気をつけて便秘を解消し太ももを細く美脚足キープしましょう。


1日で太ももを10㎝細くするために〇〇をやめよう

1日で太ももを10㎝細くするために〇〇をやめよう

できれば、夏までにとか、1週間後、さらには、明日までに太ももをグッと細くしたいと思う時ありませんか?

イベントの前とか海に行くとか、デートが決まると、今の足のままじゃ、あの服が着れないなぁとか、急ぎで足が細くなったらいいなとか思いますよね。

1日から1週間以内に、簡単に太ももを痩せさせる方法がありますよ。

ついでに体重も減るので、いちど興味がある人は試してみてくださいね。

短期間で太ももを10センチ以上細くするには

1日とか2日とか、1週間以内といったように、短期間で太ももを10センチ以上細くする人は、何をやっているのでしょうか。

足には筋肉とか、皮下脂肪とか、いっぱいたまっていますよね。

それを、1日で全部落としてしまう事は、難しいでしょう。

しかし、筋肉や皮下脂肪以外にも太ももにはあるものがたくさん詰まっています。それは、いらなくなった水分です。

太ももに溜まってしまっている老廃物や、古い水分これらを上手に取り除くことができれば1日家2日1週間といった超短期間でも、かなりのサイズダウンができます。

足のむくみを解消するためには、マッサージもとても有効です。

しかし、マッサージだけでは、劇的な変化は期待できません。

マッサージしても、なかなか足が細くならない人っていますよね。

それは、自分でもわかっていない位、、なかなか取りづらい老廃物や、いらない成分が溜まっているものです。それらを効率的に取り除くケアをしないとなかなかマッサージだけではうまくいかないと思います。

太もものむくみを解消させると、一気に2キロぐらい体重が減ることもあったりしてみんなに痩せたって言われたりすることがありますよ。

1日から1週間以内に太ももを細くする方法はどんなことでしょうか。

まずは、特に太ももなど下半身にたくさんとどまっている、いらなくなった水分を、体の外に出すことです。そのためには、まず、塩辛い食事をやめることが大事です。

塩辛い食事は、体に水分を溜め込む作用があるからです。塩辛いもの以外にも、甘すぎるもの、要注意です。

でも、塩辛くもなく、甘くもない夢はおいしくないですよね。

味気ない食事になってしまうと、ストレスが溜まってしまいます。

なので、使用や砂糖を多く取らなくても満足できるような料理方法を覚えたらいいと思いますよ。

とは言え簡単にはいかない場合は、塩をたくさんとるのはやめて、レモンとか、酸味のあるもので味付けしてみたらいかがでしょうか。

あるいは、胡椒や、生姜、わさびなどの香辛料を使って、香り付けをしたり、風味を増したりさせて、満足感が得られるように工夫してみましょう。

また、バジルみたいな、ハーブを使うとまた独特の風味が出て美味しくなりますよ。

塩辛いものを少し調理方法を工夫して、なるべく塩を使わないような食生活を目指してみてください。

減塩メニューは、作り方等は本屋さんのたくさん持っていますし、ネットで検索すると動画レシピなどもたくさんあります。参考にしてみてください。

そして、塩辛いものや甘いものを食べずに、なるべく、尿を出す作用がある飲み物や食べ物を積極的にとっていきましょう。

尿を出す作用がある飲み物は、コーヒーや、紅茶、緑茶などがあります。

こういった飲み物を、飲むようにしましょう。

ただし、お砂糖や、ミルクを入れると逆効果になりますから気をつけて。

コーヒーも紅茶そのまま飲んでくださいね。

ストレートでコーヒーや紅茶を飲むと、お手洗いが近くなると言う人も多いのではないでしょうか?

実際、これらの飲み物は、おしっこをたくさん出す作用があるのです。

このようにおしっこをたくさん出すということは、体の老廃物を出しているわけですし、それに伴って、下半身のむくみもへっていきますよ。

さらに、尿をたくさん出す作用のある食べ物があります。

それは、カリウムと言う成分をたくさん含んだ食べ物です。例えば、バナナやミニトマト、アボガドなどがそれにあたります。

塩辛いスナックや、甘いお菓子を食べる代わりに、トマトや、バナナを食べてみましょう。結構お腹も膨れるし、太もも痩せにもつながりますよ。

またアーモンドやピーナツなども、利尿作用がありますから小腹が空いた時につまんでみるのも良いでしょう。

1日とか2日以内とか、1週間以内に太ももマイナス10センチ細くなる、といったチャレンジをする場合は、やっぱり下半身の余分な水分がどれだけ出ていくかによって結果が変わります。

(筋肉や皮下脂肪は1日では取れませんから。)

しかし、水分であれば、上手に食生活や、運動やマッサージを取り入れることで、短期間でも劇的に変化します。

ぜひチャレンジしてみてください!


1日で太ももが10センチ細くなる!歩き方や動き方

1日で太ももが10センチ細くなる!歩き方や動き方

どうしても太もも− 10センチ位細くしたい、可愛く制服を着こなしたい。

男子に足が細いねって言われたいと思っている人。

でも、ご飯を抜くとか、食事制限をするとか、厳しいダイエットすることができない。。。

お母さんにも怒られるし。と思っている中学生や高校生の人は多いと思います。

成長期の女の子にとって、食事を抜いたり、激しいダイエットするのは、体を壊してしまうのでお勧めできませんね。

食事制限をせずに、太ももをマイナス10センチ細くすることだって、やろうと思えばできるものです!

特に、中学生や高校生位の学生さんにオススメの方法があります。

中学生や高校生は、通学で、必ず歩いたり電車に乗ったりしないといけませんよね。

そういった時間を、すべて脚やせの時間にしてしまうんです。

これなら、食事制限をしたり、ダイエットしたり、高いダイエット食品を買ったりする必要はありませんよ。

お金がかからないし、むしろ交通費もういたりしてお金を節約できたりする方法でもあります。

少し●●に変えるだけで、簡単にふくらはぎ痩せや太もも痩せを実現する

まず徒歩で通学している人あるいは、電車通学している人は、学校の最寄りの駅の1個前の駅から学校までは頑張って歩いてみましょう。

あるいは、最寄りの駅から自転車に乗っていつも学校に通っている人は自転車ではなく、歩いたり走ったりして、学校まで頑張っていくようにしましょう。

実は、歩いたり走ったりするのは、とても足が細くなる方法として有効なんですよ。大事足の脂肪がどんどん燃焼します。そして足を動かすことよって、足に溜まった水分が出ているし血行も良くなります。

とは言え、なんとなく歩いたり走ったりするだけどもったいないです。せっかく歩くのですから、短期間で太ももがマイナス10センチ位細くなる方法をマスターして、効率よく太もも痩せを実現してくださいね。

太ももを細くする方法、太ももを細くする歩き方は、次のような感じです。

1つ目。

正しい姿勢であるくことです。姿勢を正すだけで、血の巡りが良くなり、下半身の水分が全身を巡るようになります。

正しくない姿勢だと、内臓が下に降りてきてしまいます。そのために、腰回りや、お腹周りお尻や太ももが太くなります。

ですから、まず姿勢を正すだけで、内臓が正しい位置に戻るのでお腹周り腰回りが痩せていきます痩せていきます。

内臓が正しい位置に戻れば、便秘が治ったりして、腰回りやお腹もほっそりしますよね。

正しい姿勢とは、頭のてっぺんから糸で釣られているように、背筋を伸ばすことです。

そして、腰がそらないように、背中を伸ばしましょう。これで、正しい姿勢の完成です。

2つ目は、少し難しいですがモデル歩きましたモデル歩きをマスターすることです。

モデル歩きとは腰の骨で歩くように意識することです。

腰の骨を左右に揺らしながら歩くと、代謝も上がるし、腰まわりの運動にもなるのでとてもお勧めです。

モデル歩きは、まず姿勢を良く、目線を上に上げていきます。

そして足を踏み出す際に、腰を意識して前に進むのです。そして腰を使って地面を歩いていくようにイメージして歩きましょう。

この方法であること、まるでモデルのように歩くことができるので脚やせにもなるし、モデルウォークにもなるのでオススメですよ。

そしてもう一つ。

脚やせにもなり、脂肪燃焼にもならず生き方があります。

それは、歩く時に、足の裏のうち、かかとを地面につけるようにして着地することです。

多くの女性は歩く時に足のつま先から着地しているのですが、この方法だと、足に負担がかかるため、足がむくみやすく、逆に太くなってしまいます。

歩いても歩いても足がむくんで、無駄な筋肉がつくために、脚やせにはつながりません。

なので、なるべく歩きながら、着地する時はかかとから着地して、足の指の先から地面の決定歩きましょう。

そして次の足も、踵から着地して、足の指で地面を蹴るような形。それを徹底しましょう。

通学を、自転車や、電車から少し徒歩通学に変えるだけで、簡単にふくらはぎ痩せや太もも痩せを実現することができます。

慣れるまでは大変ですが、全然お金もかからないし、厳しい食事制限をする必要もありません。いちど試してみてくださいね。


中学生が太ももマイナス10㎝お金をかけずに脚やせする方法

中学生が太ももマイナス10㎝お金をかけずに脚やせする方法

中学生になると、かわいい制服になったりして、足が太いのが気になりますよね。

ちょっと短めのスカートもかっこよく切るためには、足特に太ももが細くて長くないと、かっこよく見えませんね。

もしあなたが他の女の子がありますが太くて悩んでいるのであれば、ぜひ高校生になるまでには、少なくとも太ももをマイナス10センチ位細くして、かわいく制服を着こなせるようになれるといいですね。

太もも、マイナス10センチ位細くするためには、やっぱりストレッチや運動だけじゃなくて食事制限も大事だと思います。

でも中学生は、育ち盛りです。

無理なダイエットをすると、体に負担がかかってしまいます。

なので、食事を抜いたり、無理なダイエットをせずに、上手に食事制限を取り入れて、ダイエットしてみましょう。

お金をかけずに無理のない食事制限

食事制限は、基本的にはお金をかけずにやれると思います。

ダイエット食品は、とても高いものが多いですが中学生がそんな高いダイエット食品を買うのは難しいですよね?

なので、簡単にできる食事制限を考えてみましょう。

とても大事なのは、ご飯を食べる順番です。

皆さんのように、育ち盛りの人は、バランスよく食べないといけませんよね。

それでも、太りやすい食べ方と、太りにくい食べ方があるんですよ。

まず太りにくい食べ方は水分の多いものから食べることです。

スープや、お味噌汁を早めに胃にいれましょう。

そうすると、たくさんの水分で、お腹が満腹になります。

それに暖かいものや味がちょっと濃いものを口に入れると、食欲が少しおさまって、食べ過ぎを防ぐことができます。

その次は、野菜とか、固めの果物など、繊維質のもの食べましょう。

その時のポイントは、よく噛むことです。

なので、野菜や果物であっても、よく噛まないと飲み込めないようなものを選びましょう。

例えばブロッコリーや、人参、ジャガイモなどがお勧めです。

でもジャガイモやとうもろこしは、糖分が多めなので、これらはちょっと控えめに。

ブロッコリーや茹でた人参をよく噛んで食べましょう。

にんじんはとても甘いので、満腹感や満足感も得られてお勧めです。

硬めの野菜や果物を食べた後は、お肉やお魚などを食べましょう。

チーズなどの乳製品でも良いでしょう。

どうしても唐揚げとか、天ぷらみたいなものが食べたい人は、この時だったら食べてもいいんですよ。

食べ過ぎはいけませんが、お肉やお魚、揚げ物などの脂肪分も、若い人にはとても大事です。

食べる順番を間違えなければ、お肉やお魚をここでしっかりと食べましょう。

お食事のメインですから、その時は楽しんで、ダイエットのことをよく顔まで見せずに美味しく食べましょう。

そして最後に、糖質のものを食べます。

例えば、ご飯や、パン、うどん屋、焼きそば、ラーメンなどの麺類などです。

ご飯やパン、麺類などはどうしても最初に食べたくなってしまいますよね。

特に中学生や高校生のように、部活とかで疲れて帰ってくると、どうしても甘いものや、ご飯や麺類などの炭水化物をたくさん食べたくなるものです。

しかし太ももマイナス10センチを目指しているなら、ちょっと工夫する必要がありますよ。

炭水化物を食べたいのは分かりますが、最初にがっついて食べてしまうのはやめましょう。

順番さえ間違えなければ、炭水化物だって食べてもいいのですから。

それから、おやつをたくさん食べてしまう癖がある人は、少し工夫が必要です。

おやつの時に、スナック菓子や、甘い物がどうしても食べたくなると思います。

でも頑張ってそれらをガマンしようとすると、ストレスでリバウンドしたりしますよね。

なのでおやつは食べても良いのですが、食べるものを工夫したらいいですね。

お菓子を食べるのではなくて、オススメなのが、バナナや、りんご、みかんなどの果物に置き換えることです。

あるいは、ピーナツや、アーモンド、クルミなどの、ナッツ類は、お腹にもたまるし、栄養がたくさんあるのでオススメです。